郵便番号を入力することで自動的に住所が表示されるWordPressプラグイン

インターネットを使って商品を購入すると必ず行わないとならない「必須項目」の入力ですが、時間がかかればかかるほど離脱率が増え売り上げに影響することがあります。

特に初心者が商品を購入する際に、操作が複雑化されればされるほど購入へのハードルは高くなるため、入力項目を一つでも減らすことが「カゴ落ち」対策となります。

ここで紹介するzipaddr-jpは、郵便番号を入力するだけで住所が自動的に入力されるため、上記のような問題を減らすことができ、購入者への負担を効果的に減らすことができます。

こちらはContact Form7やWelcartに対応しています。

zipaddr-jpのインストール

「ダッシュボード」→「プラグイン」→「新規追加」で、「プラグインの検索」欄にzipaddr-jpと入力してインストールを行います。

また、zipaddr-jpのHPからダウンロードも可能です。ダウンロードしたzipファイルを、プラグインの新規追加画面からアップロードすることでインストールができます。

zipaddr-jpの設定方法

インストールをすることでそのままでも利用可能ですが、モバイル対策として設定を行います。

設定画面は、「プラグイン」→「インストールプラグイン」→「zipaddr-jp」→「設定」

zipaddr

デフォルトのまま(5桁)でも構いませんが、スマートフォンで操作していると5桁入力した時点でポップアップで候補が表示さます。

この際、小さなモニターなどで見た場合、文字がはみ出てしまう可能性があるため、7桁にすることで郵便番号を全て入力した際にダイレクトで入力されるように変更します。

Contact Form 7の設定

各項目を設定する際に以下のidを付与します

郵便番号欄のid: zip
都道府県欄のid: pref
市区町村欄のid: city
住所欄のid: addr

htmlコード例

もしわからなければ以下のコードをご自由にお使いください